interdomain のすべての投稿

発電する小学生

児童数100人の福井県越前町立四ケ浦小学校に設置された2台の発電バイクが競って発電しています。発電しているのは同小学校の児童たち。

 

発電バイクは東京大学・先端科学技術研究センター(東京都目黒区駒場)が同町で実施している波力発電の実験への一環として、自然エネルギーの教育のため、波力発電のモニター画面に併せて同小学校の廊下に2月下旬に設置したものです。

 

それからというもの、毎日驚くほどの発電が記録されています。授業は規則正しく受けていると思います。きっと休み時間になると、発電バイクに集まって発電競争を展開していいことと思います。

発電した電力は同小学校に供給されています。児童の運動が教室や廊下の照明になったりします。

 

楽しい春休みが明けて、次は新一年生を迎えた新学期の発電となることでしょう。ただ体力は丸一年若返ります。発電量も最初は前学期に比べて伸び悩みというところでしょうか。

体力発電と東京工大端艇部

日頃体力発電マシンを漕いでトレーニングに励む東京工大端艇部は、ボートの第44回全日本大学選手権大会のエイト予選(8月31日)を通過。9月2日の準決勝に臨みました。

9月3日の決勝・順位決定戦では7位となりました。国立大学では唯一、入賞圏内に食い込みました。優勝は王者日本大学。

トレッサ横浜イベントの報告

東京ビッグサイトの展示会に続いて3月11日12日の週末には、体力発電をご導入いただいたショッピングモール「トレッサ横浜」のイベントに初めて参加。

R0020340w

4台の体力発電マシンをご来店者が必死で漕ぎました。一人1回のみ、3分間発電しました。発電量に応じたポイント交換の効き目もあって、2日間、順番待ちの列が途切れることはなく550人が発電しました。

場所柄、親子での参加が多く、子供は喜び、大人は日頃の運動不足を嘆きました。この人数を捌くのはたいへんでしたが、こちらも楽しくイベントへの賑わいに貢献できました。

R0020347w

2日間で計12時間、4人レースが138サイクル進行しました。約5分に1度のレース運びでした。

マシン4台の発電量は2日間で1.28kWhでした。もう少し行ったと思いますが途中で通信回線が不調となり、少なめに出ました。